イノベーションリーダーズサミットキックオフカンファレンス

スタートアップと大手企業をマッチングし、グローバルイノベーションを生み出す事を目的に経済産業省後援のもと2014年に発足した「イノベーションリーダーズサミット(ILS)」。

前回のILSは、対面とオンラインイベントのハイブリッド型で8日間にわたり開催し、14,399名の方にご参加いただきました。
メインのスタートアップ×大手企業の新事業創出マッチング「パワーマッチング」には、国内・海外主要VCなど約100機関から推薦されたスタートアップ701社(内、海外253社)と大手企業103社にご参加いただき、過去最大となる2,720件の商談を実施し、1,002件の協業案件を創出しました。参加満足度は94%に達し、盛況裏に終わりました。

今回は来年2月1日から開催するアジア最大のオープンイノベーションマッチングイベント「第9回イノベーションリーダーズサミット(ILS2022)」に先駆け、恒例のプレイベントとしてオンラインにて開催します。大手とスタートアップのマッチングトレンド・オープンイノベーションノウハウをつかむ絶好の機会です。ぜひご参加ください。

開 催 概 要

プログラム

14:00-14:10
オープニングスピーチ

石井 芳明氏(経済産業省 経済産業政策局 新規事業創造推進室長)

14:10-14:40
第4回イノベーティブ大企業ランキング調査発表

毎年話題になるILSと経済産業省との共同による有望スタートアップが選ぶイノベーティブ大企業ランキング調査上位30社の発表を行います。

14:45-15:25
世界の脱炭素トレンドとビジネスチャンス
スタートアップなどとのジョイントベンチャーの可能性

脱炭素をめぐる世界のトレンドと、企業に求められる対応を概観します。また、再エネ・水素・CO2除去など、脱炭素に不可欠な技術の開発~実装に向け、企業はどのようなアクションをとるべきか、スタートアップなどとのジョイントベンチャーの可能性を含めて事例をまじえて解説します。

スピーカー

尾山 耕一 (EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジックインパクト パートナー / EY Japan  SDGsカーボンニュートラル支援オフィス メンバー)
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)後、大手会計系コンサルティングファームを経て現職へ。自動車・製造業を中心に、新規事業企画、技術開発構想、マーケティング戦略立案などに従事する。近年では、SDGsを起点とした中期経営計画策定、 社会課題解決に向けた新規事業構想、TCFD対応など、サステナビリティ視点を組み込んだ経営戦略の立案支援に取り組む。

15:30-15:50
オープンイノベーションのためのスタートアップM&A
「スタートアップM&A動向調査 2020」より

スタートアップとのオープンイノベーションを推進する上で、協業先のスタートアップを買収する事例が増加しています。本講演では、国内スタートアップを対象としたM&Aの実態を解説し、オープンイノベーションでの活用における留意点を説明します。

スピーカー

青木 義則(EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 EYパルテノン Managing Director & Partner / EY Startup Innovation Co-Leader)
新規事業、オープンイノベーション、CVC、M&Aなどによる、企業変革・ディスラプション対応を支援している。EY入社前は、IT企業の研究所を経て、コンサルティング会社に勤務。更に、独立系VCにて日米アジアのスタートアップへの投資・CVCファンド運用に従事。博士(工学)

15:55-16:35
ILS発、大手×スタートアップ事例研究:なぜこの事業提携は実現したか

ILSパワーマッチングで協業に至った2つの事例をもとに、なぜこの事業提携は実現したか、スタートアップとの協業体制、大手企業の狙いや背景、経営や社内との調整、今後の取り組みなど提携の核心を探ります。
<事例>

  • 旭化成×ジースポート
    『運動機能計測を基盤とした運動支援サービス事業の開発』
  • 古河電工×アトナープ
    『採血なしに血糖値を調べる測定装置の開発』

パネリスト

根本 謙治 氏(旭化成株式会社 マーケティング&イノベーション本部 ウエアラブル新事業プロジェクト ジェネラルマネージャー)
1993年に旭化成株式会社入社。旭化成エレクトロニクスにて携帯電話用水晶発振器LSIの開発責任者として世界シェアNO.1事業を創出。 その後新規事業開発グループ長としてオープンイノベーションを推進。 2019年より現職にて運動支援サービス事業開発、事業立ち上げに従事。

奈良 一孝 氏(古河電気工業株式会社 コーポレート統括本部 ソーシャルデザイン統括部 新事業創出部長)
東京工業大学工学部無機材料工学科卒。古河電気工業(株)研究開発本部光技術研究所(現情報通信・エネルギー研究所)にて、光通信デバイスの研究開発に従事。営業統括本部を経て、現在、コーポレート統括本部ソーシャルデザイン統括部新事業創出部長。 新事業開発に従事。

モデレータ

松谷卓也(株式会社プロジェクトニッポン 代表取締役)
大学卒業後、リクルートに入社。2003年に経済産業省から依頼された起業家輩出支援事業「ドリームゲートプロジェクト」の事業責任者として立ち上げ、その後独立。2014年1月、大企業とペンチャーのマッチングにより、日本から世界へ通じるイノベーションを起こす取り組み「ILS」を発足。

16:40-17:00
ILSパワーマッチング2022のご紹介

前回、大手企業100社以上、スタートアップ700社以上が参加し、協業案件率4割、満足度94%を達成した新事業創出マッチングプログラム「パワーマッチング」の仕組みやスタートアップ×大手企業のマッチングトレンドをご紹介します。

  • パワーマッチングのマッチングの仕組み
  • 前回の2720件の商談を分析したスタートアップ×大手のマッチングトレンド
  • 実績を上げる大手企業の体制や取組み、ILSを使った社内の巻き込み方
  • パワーマッチング2022の強化点、 オンライン商談や名刺交換など前回との相違点
  • 参加パッケージ・スケジュール
申込を締切りました。

本件お問合せ

TEL:03-3356-9121 担当:長谷部、柴木